会社概要

沿革

昭和38年4月 前会長の吉田謹二が円筒研削加工専門として開業。
現本社・尼崎市椎堂にて(従業員3名)
昭和40年8月 有限会社に改組。代表取締役に吉田謹二が就任
昭和52年12月 工場を大阪府豊中市へ移設。経理部門は尼崎市に本社として残す。
昭和53年2月 株式会社に組織変更。代表取締役に吉田誠一(現会長)が就任。
昭和61年5月 CNC設備を増設し本格的にクランク全加工体制を確立し各エンジンメーカー様との取引開始。
平成11年8月 新規多気筒クランクシャフト受注により第二工場を新設。
平成17年5月 NC/MC制御で生産性を重視した設備増設で、能力増強を図る。
平成17年9月 蒸気船のクランクを製作。NHK・BS放送で取り上げられる。
平成18年2月 CNC研削盤3台を増設で生産性・品質向上を図る。
平成18年9月 CNCピン研削盤、CNC円筒研削盤5台増設にて新研削ライン構築。
平成19年10月 研修センターを豊中市利倉1丁目に新設。全工場の統括拠点とし、また社員教育の場として新社屋を完成。
平成21年1月 尼崎市の近畿ボーリング㈱を統合。園田機工㈱尼崎工場として営業開始。
平成21年4月 兵庫県伊丹市森本に新社屋を設け尼崎事業部を移転、伊丹事業部として営業開始。
平成24年10月 代表取締役会長に吉田誠一、代表取締役社長に吉田 哲就任。
平成25年6月 尼崎商工会議所より創業50周年企業表彰授与。
平成25年8月 平成24年度補正ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発支援事業補助金採択27211269
平成26年2月 経営革新計画承認 神南第1262号
平成26年5月 ミヤビリクエーションと経営統合。園田機工㈱クリエイト事業部として営業開始。
平成26年10月 平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金採択2527212771
平成27年9月 平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金採択2627212124
ページの先頭へ戻る