園田機工の特徴

材料から流通までの一貫体制

クランクラインは「エンジン部品生産」を主に、クランクシャフト・足廻り部品を中心とし、自動車部品・農機部品と幅広く受注生産を展開しております。汎用性をいかし変種変量・生産対応でお客様のニーズにお応えし、そして「より高いコストパフォーマンスの実現」を図っております。

加工ラインの流れ

第一工場エリア
クランクシャフトで言えば全工程のライン。部品加工も行っています。切削+研削+品証の総合加工工場です。
第一工場
焼入工場
 
焼入工程の写真
第二工場エリア
研磨加工を主に行うライン。面磨きは一本ずつ手作業で行います。各種研削加工工場とコンロッド生産工場です。
クランクシャフト
出荷ヤード
表面最終精度確認・バランス調整。出荷検査を行います。出荷梱包は指定の荷姿で行います。
出荷ヤード
検査
出荷ごとにデータを提出。工程別の寸法管理も行います。
検査
配送
自社便にて責任を持ってお客さまの元へお持ち致します。
配送

製品比率グラフ

製品比率グラフ

ページの先頭へ戻る